オール電化は200Vが基本

オール電化住宅を実現するにはどうすればいいのか?

 

一般的な住宅でも電気の配線はしていますが、

 

普通の住宅とオール電化住宅では、配線が根本的に違います。

 

 

 

オール電化住宅にするためには、

 

十分な電力が供給できるように200V(ボルト)の容量の配線が必要になります。

 

 

 

通常の配線は100Vが主流です。

 

V(ボルト)とは、電圧を示す単位で200Vは通常の100Vよりも

 

倍の圧力で電気が流れます。

 

 

 

200Vの電圧があれば、電流(アンペア)が半分で、

 

同じ電気を得ることができます。

 

 

 

それだけ余裕を持たなくては、

 

パワーのある電化機器を使用するには不安が生じます。

 

 

 

 

 

PAGE TOP