外装の修繕時期を知る。(外壁編)

外壁の資材は種類が豊富です。

まずは、家の外壁に使用されている素材の性質を理解することからスタートしましょう。

 

【金属サイディングボード】  塗装目安10~15年

スチールやアルミニウムなどの金属鋼板のこと。デザイン性・耐久性に優れた表面材(金属板)と断熱性・防火性に優れた裏打材によって形成され、軽くて耐久性に優れる。美観維持、防カビのために10~15年で要再塗装。塗膜を痛めてしまった場合は、すぐに処置が必要になります。

※こんな症状に注意!

・赤サビ
表面材の塗膜が傷ついてしまったところから発生する「赤サビ」表面は特殊なメッキ加工がされているが、中身は鉄の板のようなもので錆びてしまいます。外壁に物をぶつけないように注意が必要です。

・サビ
放置すると他の箇所にも腐食します。サビが広がったり穴が開く前に適切な処置が必要になります。

 

【窯業系サイディングボード】  塗装目安7~8年

セメント質と繊維質を主な原料として板状に形成した素材。タイル目、レンガ調などデザインが豊富で最近よく使用されている。基材は吸収性があり、防水機能は塗膜に頼っているため、塗膜の劣化を放置すると建物の構造に大きなダメージを与える可能性もあります。

※こんな症状に注意!

・シーリングの劣化
サイディングの場合、目地のシーリングがヒビ割れしたり、痩せて隙間が空いたりします。

・その他
ボードの反り、チョーキング、紫外線による褪色、爆裂(寒冷地)など

 

【モルタル】          塗装目安8~10年

セメントと石灰や砂を混ぜて水で練った素材。施工が容易でコストが安いため、新築時の最もポピュラーな吹き付け仕上げ材として使用されていた。強度が強く耐火性に優れるが、防水性能が低くなると急激に劣化が進み、ヒビ割れが発生します。

※こんな症状に注意!

・モルタルの剥離
塗装した膜がふくれたりする症状。劣化による付着力の低下が原因。

・カビ・コケの発生
外壁のコケを放置するとカビに。外壁の劣化や汚れを付着させる原因になります。

 

【ALC】            塗装目安8~10年

コンクリートを軽量気泡化した外壁材。断熱性、耐火性、耐久性に優れ、マンションなどに多く見られる。塗装が劣化したままだと防水性が乏しいため、内部からボロボロに。手遅れになると、下地補修からの復旧が必要となるので早めの再塗装が重要になります。

※こんな症状に注意!

・チョーキング
外壁を手でこすると白い粉が付く症状。顔料が劣化して粉上になってきます。

・紫外線による褪色
日当たりのいい箇所を見ると当初の外壁色が変褪色している症状。

 

【コンクリート壁】       塗装目安10~15年

水とセメント、砂、砂利を混ぜたコンクリートは、最も強度のある外壁材。しかし、経年変化で防水効果が劣化すると、コンクリートの内部に水がしみ込み、専門的な改修が必要となるケースがあるので注意しましょう。

※こんな症状に注意!

・クラック
塗膜の硬化や下地素材(躯体)が割れて起こる大小のヒビ割れのこと。

・鉄筋爆裂
クラックや打ち継ぎ目地などから、雨水、炭酸ガスなどが侵入して中性化が進行。内部の鉄筋を腐食して爆裂を発生させます。

 

【トタン貼り】         塗装目安10~15年

外壁に使用されているトタンは「プリント」といわれる木目調の塗装をされたものが多く、築30年以上の建物に多く使用されている。金属素材のため、防水性が抜群で耐久性にも優れているのが特徴です。現在は外壁に使用されることは、ほとんどありません。

※こんな症状に注意!

・浮き
長期にわたり風に叩かれ釘が抜け出しトタンがめくれ上がっている現象。

・白サビ
海の近くや高温多湿な状況下で起きやすい現象で、白い斑点が外壁に表れる。これは、トタンの表面メッキに含まれる亜鉛が酸化して表面に出てきたもの。かなり美観が損なわれるので注意したい。定期的に水などで洗い流すと防止策になる。

 

【羽目板】           塗装目安5~6年

木材は乾燥収縮等が起こり、割れが生じる可能性があるため、厚みのある材料を使用することが大切。板の重ね部分が不十分だと、つなぎ目から雨水が入り込むこともあり、外壁の変化を注視しながら、しっかりとしたメンテナンスが必要になる。

※こんな症状に注意!

・変色
野外の木材は、紫外線と雨によりシルバーグレーに変色します。

・腐食
木材は微生物の餌となる成分で構成されるため、水分、温度、酸素の条件が揃えば、木材腐朽菌やカビなどが繁殖して生物汚染が生じます。寒さや直射日光に強い担子菌が原因で、乾湿の変化が激しい場所や寒暖差の大きい場所でもよく生育・繁殖します。

 

必ず外装リフォームのプロに診断してもらいましょう!

 

「症状が出てきたので、そろそろ時期かな?」と思ったら、まずは弊社に連絡を!

お客様の「気になる部分」「不安な点」などのお話を伺います。その後、お客様のお住まいの状態をお客様ご自身の目でしっかり御確認いただくため立ち会っていただき、外壁・屋根・付帯部などの状態を担当者と一緒に一つ一つ丁寧に確認させていただきます。

外装リフォームは専門性が高く、一般の方には分かりづらい点があるので、必ず経験豊富な外装リフォームのプロに診断してもらいましょう。

 

 

PAGE TOP