外装の修繕時期を知る。(屋根編)

外壁と同様に、直射日光にさらされている屋根。劣化に気が付きにくい分、早めの対応が必要です。

 

【スレート系】(カラーベスト)      点検目安7~8年

代表的な屋根の一つで、石質の薄い板を使用。劣化すると表面の割れや反り、屋根面の接合部の下地の腐食、板金を止めている釘の浮きが起こり始める。10年以上経つと汚れやコケが付いたり、色あせも目立つようになるので、内部に腐食がないか点検をしてもらおう。

※こんな症状に注意!

・色あせ
スレート系屋根材の色あせは赤信号。天井裏の雨染みは屋根が傷んでいる証拠。

・割れ
色あせがさらに劣化するとヒビ割れや破損につながることがある。コケやカビが生えている屋根をよく目にするが、これが割れ目の原因に。スレート屋根材の劣化を放置し、そこに力が加わると割れて雨漏りが発生する。

 


【セメント系】             点検目安10~15年

セメント瓦とは、セメントと川砂を1対2~3の割合で混ぜたモルタルを、型に入れて形成し塗装したもの。紫外線・風雨・温度変化などで塗膜の劣化が進行すると、素材のセメントの劣化も早くなるので、もろくなる前に定期的なメンテナンスする。

※こんな症状に注意!

・色あせ
セメント系の屋根材は色あせを起こすため、定期的な塗装が必要。

・ズレ
瓦がズレていると、建物の中に雨水が侵入しやすい。放置すると躯体を傷め、建物の寿命を縮めてしまう。

・割れ
塗膜が剥がれ表面に骨材が現れた、状態はもろく少しの力で割れてしまう。ここが雨漏りの原因になります。

 


【粘土系】(瓦)            点検目安20~30年

寿命が長く、色落ちがほとんどない粘土瓦。汚れがひどい場合は洗うか、部分的に洗うかを検討する。ズレや浮きがあれば、瓦を固定している屋根面の接合部の漆喰が崩れている可能性があります。コケや雑草を放置すると根から雨水を引き込む原因になる。

※こんな症状に注意!

・ヒビ・コケ
瓦の表面に細かいヒビが入った現象を貫入といいます。小さなものであれば問題はありません。

・ズレ
漆喰が剥がれ、瓦が固定されていない。少しの衝撃で瓦が落ちる危険な状態。

 


【金属系】(トタン)         点検目安10~20年

耐候性とコストの面で古くから馴染みのある外壁材。耐熱性・防火性にも優れているが金属製なので劣化するとサビが発生する。そのまま放置すると腐食が進行し欠損してしまう恐れがあるので、サビについては早期の対応が賢明だ。

※こんな症状に注意!

・サビ
一度錆びてしまうと、健全な部分にもサビが侵食。最後は穴が開いてしまう。

・浮き
劣化すると板金を止めている釘の浮きや屋根材の変形、反りが起こる。浮きを放置すると水分が浸み込む。台風や強風の後は、浮き上がったりガタついているところがないか、しっかりと点検してもらおう。

 

外壁と屋根の同時リフォームで耐久性アップ!

 

 

PAGE TOP