外装リフォームによる効果と目的

厳しい外的環境にさらされるため、時間の経過とともに必ず劣化してしまう外装。

今回なぜ外装リフォームが必要なのか説明させていただきます。

 

【美観を保つこと・外装の保護でわが家を長く住めるようにする】

 

(美観)

~キレイな外観を保って愛着のある我が家に~

新築のように美しい外観を取り戻したり、色を変えてイメージを変更することも出来るリフォーム。

家の第一印象を決める場所だからこそ、こだわりたい。

 

(外装保護)

~紫外線や雨などの環境から大切な家を守る役割~

外壁や屋根は、紫外線や雨風にさらされているため、徐々に傷んできます。

きちんと補修することは、美観だけでなく健康的な家を保つためにも必要になってきます。

 

 

【塗料の成分と劣化のメカニズム】

 

~塗料を構成する4つの成分。配分量の違いで耐久性も変化~

塗料は「顔料」「樹脂」「溶剤」「添加剤」の4つの成分で構成される。

この4つが絡み合うことで、家を紫外線や雨から守る「塗膜」となります。

成分の配分量の違いで耐久性も変化します。一般的に「樹脂」が多い塗料ほど高価になりますが、その分、耐久性も高くなります。

塗料は安いだけで選ばないこと。耐久性が低く、すぐに塗り替えが必要になる可能性があります。

 

「顔料」

顔料は、それ自体が色を持つ粉末個体で、主に塗料の色彩などを形作る成分。顔料そのものが私たちの目に塗膜として見えています。

 

「樹脂」

塗料の主成分である顔料だけでは塗膜として機能しません。樹脂は、顔料を膜として強固に密着させる働きを持ちます。また、樹脂の種類によって耐久性や性能も決まる。

 

「溶剤」

シンナーや水など、樹脂を溶かしたり、薄めたりするための透明な液体。塗料を適度な粘度に調整したり、塗面の仕上がりをよくするために使用します。

 

「添加剤」

防藻、防カビ、低汚染、抗菌など、塗料の機能を向上させる補助薬品。塗装の目的とする機能や用途に応じて、必要な添加剤を混ぜ合わせます。

 

 

~塗料の劣化を引き起こす最大の原因は太陽光の紫外線~

気温や酸性雨など、塗料を劣化させる要因はいろいろありますが、最も大きな原因は太陽の紫外線です。

紫外線は塗料を塗った表面の0.1mm程度まで浸透し劣化させます。塗料が劣化すると、顔料を結合している樹脂層も劣化し顔料の離脱が生じてきます。

この現象をチョーキングといい、触ると白い粉が付く現象です。劣化の度合いは塗膜の成分によってことなります。

 

PAGE TOP