失敗しない色選びのコツ

実現したいイメージが固まったら、本当にその色で良いかを検証することも大切です。

色を決める前に考慮したい”失敗しないコツ”を紹介します。

 

 

・変えられない部位との相性や近隣住人との調和に考慮

 

外装の色選びでは、レンガの赤やサッシ枠の白、外構など、色が変更できない部分との相性にも配慮する必要があります。屋根の塗装をしない場合も同様です。既存の屋根と外壁の色の調和も考えておきましょう。また、近隣住宅の色との調和も忘れてはいけない重要なポイントです鮮やかな色を検討する場合は特に配慮が必要です。

 

【元の色が変わらない部分】

・アルミサッシ、アルミ雨戸、雨戸レール
・アルミ面格子、手すり、花台
・屋根、雨樋
・玄関ドア、玄関まわりのタイルなど
・近隣の家

 

・彩度の高いカラーは色あせしやすいデメリットも

 

家に個性を求める人も多い時代。彩度の高い色(鮮やか、ビビット色)を検討する人も多いのではないでしょうか。彩度の高い色は華やかな雰囲気を演出する反面、色あせしやすいのがデメリット。長期にわたって色あせを防止したい場合は、彩度の低い色を塗装した方が安心です。

 

【高彩度のデメリット】

・周囲の環境になじまず、騒色になる
・高級感が得られにくいことが多い

 

【低彩度のメリット】

・周囲の環境になじみ、優しい雰囲気に
・上品で落ち着いた雰囲気が得られる

 

 

・純白はオフホワイト系、漆黒はグレー系で汚れの目立ちを緩和

 

ほんの少し汚れがついただけでも目立ってしまうのが、純白や漆黒の壁。純白の場合、少し明度を抑えた白系の塗料を使用するのがポイント。また、漆黒の場合は少し白みがかった黒系を選択すると汚れの目立ちが緩和される。

 

 

・外壁の種類やツヤの有り無し凹凸で色の見え方が変化

 

色は外壁の種類やツヤ、凹凸などの影響で見え方が異なるもの。ツヤ消し塗料はツヤのある塗料に比べて、少し白っぽい仕上がりになります。

また、スタッコ調やサイディングの模様による影の影響で、色が濃く感じられる事もある。実際に塗料を家に塗ってもらい確かめてみるのも良いでしょう。

 

個人差もあるので、気になる方は当店の相談フォームにて、お問い合わせ下さい!

 

 

PAGE TOP