気温25度が最適温度

夏場は太陽が照り付けて、

 

発電にはいいように思いがちですが、

 

実際には夏場の発電量は低下します。

 

 

 

 

シリコン系太陽電池は、

 

定格の基準温度である25度が最も変換効率がよく、

 

気温が上がってモジュールの温度が上昇すると、

 

その分発電量が低下します。

 

 

 

 

夏場の電池モジュールの表面は70度を超える温度になるので、

 

基準温度の時に比べて20パーセントほど変換効率が低下します。

 

 

 

 

1年を通じて気候が温暖で、

 

日照時間が長い地域ほど太陽光発電に向いている理由がそこにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAGE TOP